中小消費者金融で申し込みをするにあたって

大手の消費者金融は免許証などの本人確認書類さえあれば、ほぼ借入をすることができますが、中小の消費者金融に関しては必要書類が増える場合などがあります。

あらかじめ用意しておけば即日融資を受けられる可能性が大幅にUPしますよ!

本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
所得を証明する書類(源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等)
住民票原本(本籍地記載分)、その他当社が必要と認めた書類

消費者金融1社から50万円以上もしくは2社以上合計で100万円以上の借入を行う際、必ず所得証明が必要になります。給与証明書では受付ができない消費者金融も多くありますので、源泉徴収票もしくは所得証明書を事前に用意しておきましょう。源泉徴収票は勤めている会社から、所得証明書は地方自治体もしくは税務署から取得が可能です。

中小の消費者金融では通常の本人確認に加え、住民票などが必要になる場合があります。振込融資になるため、対面とは違い本人確認が厳しい場合もあります。

住民票は地方自治体から取得できます。

即日融資を確実にするために皆さんがやるべきこと

即日融資をするために申し込む側で努力できることもあります。これは皆さんにぜひやっていただきたいので、ここで紹介いたします。

・WEB入力で間違いがないよう確認する
・平日午前中には申し込みを終えている

まずはこれだけです。というのも、いまだに入力の間違いで審査落ちや審査が遅くなったという話はよく聞きます。データを送信する前にもう一度確認を行って下さい。

あとは申し込み時間ですが、WEB上から24時間可能ですが、夜中に申し込んでもそれは翌日以降に回されてしまいます。その日の午前中に申し込みを終えていてください。

また、銀行の営業時間外、土日祝日の場合はいくら審査が早く終わっても即日融資は無理です。人によっては1時間程度で終わった方もいれば、4日掛かったという方など様々ですが、原則は即日融資が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA